よくある質問

title-qa

よくある質問


訪問看護はどのような方が受けれますか?

病気や障害を持ち、ご自宅で療養生活されている方が対象となります。
訪問看護を必要とする乳児から、お年寄りまで国籍・宗教・地域等問わずご利用いただけます。
また、ご自宅に閉じこもりがちで気分がすぐれず”ゆううつ”な方々に自律神経訓練法も行っております。

症状により、どの保険が利用出来るんですか?介護保険?医療保険?

医療保険対象の方は、要介護認定が取れなかった方、または厚生労働大臣が定める疾病、癌末期や急性増悪期の方です。

厚生労働大臣が定める疾病とは

  • 末期の悪性腫瘍
  • 多発性硬化症
  • 重症筋無力症
  • スモン
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脊髄小脳変性症
  • ハンチントン舞踏病
  • 進行性筋ジストロフィー症
  • パーキンソン病関連疾患
  • 多系統萎縮症
  • プリオン病
  • 亜急性硬化性全脳炎
  • 後天性免疫不全症候群
  • 頸髄損傷
  • 人工呼吸器を使用している方

介護保険対象の方は、介護保険の被保険者であり「要介護1~5」または「要支援1~2」に該当した方がご利用できますので担当のケアマネジャーにご相談ください。

買い物や部屋の掃除はやっていただけますか?

家事の援助は訪問看護師のサービス内容には含まれておりませんが、介護ヘルパーの仕事の中には含まれております。
ご自宅の環境整備は訪問看護師の仕事の一部です。
必要なら整理整頓できるよう介護ヘルパーと相談し対応いたします。

訪問看護では家族の同居が必要なんでしょうか?

ご家族様との同居は、訪問看護自体に関係ありません。
一人暮らしされている療養者様も多数おられます。
訪問看護では、ご家族様と同居されている方はご家族様の介護負担を減らし、介護の効率化を上げるお手伝いをします。
また、実践の中でご家族の方への介護指導も行わせていただきます。
一人暮らしの方には24時間窓口でご相談を受つけておりますので安心してご利用いただけます。

どんな人が訪問看護に来てくれるんですか?

病院の看護師や理学療法士が訪問看護にお伺いします。
ご自宅の限られた環境の中で訪問看護の効果を最大限に発揮させる為、実践に基づいた教育を行っており、療養者様とご家族様との信頼関係を築き上げていくことを社内教育の最大のテーマとして取り組んでいます。
経験豊富な訪問看護師から新人訪問看護師まで各々のスキルに合わせた教育を行い、高い訪問看護スキルを持った訪問看護師を提供いたしております。

訪問看護は何歳から受けれるんですか?

訪問看護に年齢制限はございません。
訪問看護を必要とする乳児(0歳)から、お年寄りまで、国籍・宗教・地域を問わずご利用いただけます。

週に何回訪問看護に来てくれるんですか?

利用回数は基本的に1週間に3日までですが、病状によってはこの限りではありません。
利用時間は30分~1時間30分程度で、平均1時間になります。
状況によっては毎日の訪問看護が可能な場合(※厚生省が認める疾病)があります。
病状の急性憎悪時に特別訪問看護指示書の交付を受けると、1ヶ月に2回まで(1回14日間)28日間を限度として連続訪問が可能です。

自宅でもリハビリテーションが出来ますか?

日常生活動作の状態を確認のうえ、機能の回復・自立した日常生活を送れる様にリハビリプランを作成いたします。

身体回復の回復理学療法機能訓練(関節可動域・筋力トレーニングなど)

  1. 動作訓練(寝返り・起き上がり・歩行・入浴動作・トイレ動作など)関節の運動
  2. 屋外での移動練習
  3. 痛みの緩和
  4. 麻痺の改善
  5. その他生活の相談

深夜や早朝、緊急時に看護していただけるのでしょうか?

訪問看護ステーション調布つつじヶ丘では、24時間窓口で経験豊富な訪問看護師が対応いたします。
病院に行ったほうが良いか判断に迷った場合は、遠慮なくご相談ください。

感情の起伏が激しく、なんとかリラックスさせたいのですが

ご自身の感情や問題点についてお話できるような状態の時は、案外精神的に安定されています。
最初はマッサージ等のスキンシップをはかりながら、訪問看護師と対話できる環境作りを行ってまいります。

かかりつけの医師が自宅から遠方で緊急時に不安です

主治医によっては、緊急時の対応が異なる場合があります。
お世話になった遠方の医師をたてたいと思われるお気持ちもあることと思いますが、近隣の医師を必要とされる場合はご紹介させていただく事も可能です。

訪問看護に来られる時は車で来るのでしょうか?近くに駐車場がありません。

基本的に近隣地域であれば自転車でお伺いいたします。

医療機器が突然動かなくなってしまいました。どうすればいいですか?

医療機器が故障した場合は主治医に連絡し、当ステーション、または担当ケアマネージャーにも連絡してください。
落ち着いて医療機器の状態(電源ON/OFFランプ等)療養者の身体状態を伝えてください。
状況によっては救急車の要請を指示する場合があります。

症状にあわせた医療器具はどちらで揃えるのですか?

ご要望があればご相談ください。
介護保険では、福祉用具の貸与、または購入費の支給というサービスがございます。
福祉用具貸与とは、車いすや介護用の特殊ベッド、歩行器などをレンタルした場合に、その費用を援助してくれるサービスです。
また、入浴や排泄などに用いる福祉用具を購入した時は費用が支給される制度があります。

通院したいので病院まで送ってもらえないでしょうか?

訪問看護師が運転しての送迎は出来ませんが、ご要望により介護タクシーのご利用も可能です。
また、地域により送迎のサービスを受けれる場合がございます。

今の薬に変えてから体調がすぐれないのですが

訪問看護師に身体の状態を伝えてください。
または直接主治医に連絡していただいても構いません。
主治医が療養者のご自宅に訪問し、診察で薬の調整(投薬量の調整・薬の変更など)を判断します。

訪問看護と訪問介護はどう違うのですか?

“訪問看護”とは、医学的知識(看護師など)を持った訪問看護師が、ご家庭で療養者様に対して医学的処置(お薬の管理・注射・バイタルチェック…など)を含めた生活援助・生活支援を行います。
“訪問介護”とは、清拭等の身体介護・入浴介助・移動の補助や掃除・洗濯・買い物・食事作成等の生活介護といった必要に応じた部分的生活支援を行います。

ホームヘルパーがご自宅を訪問して、自立した日常生活を送れるように支援するサービスです。

介護保険利用の場合は、介護支援専門員が作成するケアプランに基づいて、食事介助、排泄、介助、入浴介助、衣類の着脱介助・身体の清拭・通院等の介助などの「身体介護」と、掃除・洗濯・買い物などの「生活援助」に区分されます。

訪問看護を中止したいのですが

療養者様がご入院・お亡くなりになられた場合、訪問看護サービスは自動的に中止となります。
また、いつでもサービスの中止が出来ますので、その際は訪問看護師かケアマネージャーにご相談ください。
訪問看護サービス中止の手続きを行わせていただきます。

主治医の往診は受けれますか?

往診に対して主治医の対応が異なる場合があります。
当ステーションは地域の医師と連携をはかっていますので、往診が出来ない場合はご連絡ください。

主治医と意見交換をしたいのですが

事前にお申し込みいただければ、主治医の往診時に意見交換の場を設けることができます。
また、毎月訪問看護師・主治医に対して療養者やご家族のご意見をお聞きしており、その情報を訪問看護プランに反映するシステムもとっております。