ハーツコラム「医療連携の第一歩」

皆様、このところ医療連携という言葉をあちらこちらで耳にするようになりましたね。

普段この言葉の意図することを考える機会も増えて来ているのではないでしょうか。

また戸惑いはありませんか。地域では様々な職種の方々がご利用者様の在宅ケアに熱心に関わっておられます。

そして、各職種が相互に協力しながらサービスに関わってもおられます。

その最初の滑り出しが担当者会議ですよね。

この内容の如何によって、今後のご利用者様のサービスを左右すると言っても過言ではないと言えると思います。

その時の協議こそ医療連携の第一歩です。

この会議の際、各職種間で言い回しが気になったり、わっかてもらえるか等、遠慮されている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

ご利用者様のサービスの充実の為、それぞれの職種が最も良いと思うサービスを提案され、検討を加え、
サービスに至ることが望まれているのではないでしょうか。

ご利用者様の為に活発な意見交換ができることを望みたいものですね。

最初は抵抗のある時もあります。しかしご利用者様の為に、ご協力をいただけるとありがたいですね。

奮闘を期待しています。

ハーツ訪問看護リハビリステーション調布つつじヶ丘 片岡 昌枝